薬剤師インタビュー

Interview03
S 薬剤師 若水ハロー薬局
第一薬科大学薬学部 1978年卒
薬剤師になりたいと考えた理由は? 実家が薬局でしたので、幼少の頃から薬は身近な存在でした。両親のすすめももあり、薬剤師という職業を選択したのは、自然な流れでした。
実際に薬剤師になってみて印象は? 大学で学んできたことを日常の仕事に活かすことができるということは、とても幸せなことです。仕事を通じて患者様のお役に立てることに対してやりがいを感じますし、「ありがとう」と言われたときは「薬剤師になってよかった」とうれしく思います。
入職後の研修や教育でよかったことは? 医療活動交流集会や中四国薬剤師交流集会などで、薬剤師をはじめ他職種の方々の演題発表、講演などを聴くことは、とてもよい刺激になっています。
ハロー薬局はどんな薬局ですか。一押しの点は? 若いスタッフが多く、笑顔がステキな、共に成長していこうという雰囲気の薬局です。すべてに前向き、そしてあったかいって感じですね。
どんな薬剤師を目指していますか? 患者様から頼りにされる薬剤師をめざしています。頼りにされるということの背景には、自分自身の絶え間ない向上努力が必要で、結構大変なのですが(笑)。
▲ PAGE TOP

Interview04
S 薬剤師 若水ハロー薬局
帝京大学薬学部 1997年卒
薬剤師になりたいと考えた理由は? 好きで勉強してきた薬学ですから、その資格が活かせる仕事に就きたいと思いました。そしてなによりも、多くの人々の役に立つ仕事ですから。
実際に薬剤師になってみて印象は? 日々勉強の連続です。大学時代の勉強と違うのは、間違いが決して許されないということ。その意味では毎日が真剣勝負です。
入職後の研修や教育でよかったことは? なんのために薬剤師になったのか? 誰のための薬剤師なのか? それは患者様の健康のためなのだ、そのために働いているという実感を得ることができました。
ハロー薬局はどんな薬局ですか。一押しの点は? 調剤室では息を詰めて緊張の連続ですが、普段は和気あいあいと雰囲気のよい薬局です。実習や見学においでくだされば、一目瞭然ですよ。
どんな薬剤師を目指していますか? 月並みかもしれませんが、患者様に親しまれ、頼られる薬剤師。そのために毎日がんばっています。
▲ PAGE TOP