お仕事日記

ハロー薬局のスタッフたちからメッセージ

ハロー薬局のさまざまな取り組みやニュースを、スタッフがお伝えしていくページです。楽しい話題から、ちょっとカタイ話題まで、縦横無尽に記していきたいと思います。時々のぞいてみていただけるとうれしいです。


2018年10月17日
新居浜のイベントにボランティア参加

 10/17(日)第23回 生き生き幸せフェスティバルにボランティア参加してきました。 「明るく住みよいまちづくり」を目指して 健康 福祉 医療を総合したフェスティバルが開催されました。薬剤師会はお薬健康相談 血圧 肺年齢 体組成測定のブースを用意し、多くの方が来ていただき大変賑わい大忙しでした。私たちは体組成測定担当でした。体組成とは「からだが何で出来ているか」ということ。構成する組成分は大きく分けて脂肪 筋肉 骨 水分になります。体組成のバランスが悪いと生活習慣病や体調の乱れにつながります。今回地域の方々との交流をとおして、楽しんで参加できる場所がありイベントが会話を広げるきっかけとなり、より健康を意識し治療から予防にシフトしていく大切さをますます実感しました。

2018年9月29日
内定者懇親会

 9/29(土)2019年度内定者懇親会を行いました。学生と職員合わせて16名の参加でした。はじめに北野薬剤師から「1年目研修報告」がありました。服薬指導を行った時の注意した点、また変形性膝関節症の患者さんには、術後の痛みを処方で改善できた症例を報告しました。
 二宮薬剤師の「薬害根絶デーの報告」では、「参加して、HPVワクチンをはじめ、様々な薬害訴訟があり、たくさんの人の支援されていると実感した。薬害被害者の方々の声を直接聞き、どれだれ辛い思いをしてきたかを知り、身近な問題として捉えられるようになった」と報告がありました。
 石井薬剤師からは「民医連薬剤師の歴史と役割」の話があり、愛媛での取り組みを振り返り、綱領である「無差別・平等の医療の実践」をしていくにはどうすればいいか、自分達ができること、やりたいことをかんがえてみようと問題提起され、グループで話し合いがされました。

2018年9月15日
認知症サポーター養成講座

 9月15日(土) 新居浜市地域包括支援センターの方を講師に招き、認知症サポーター養成講座を行いました。薬剤師、事務、近隣の医療機関や介護施設の職員、地域住民の方計21名の参加でした。認知症サポーターについての説明や、認知症についての学習や対応について学びました。認知症の人への対応心得 3つの「ない」@驚かせないA急がせないB自尊心を傷つけないなど、すぐに実践できる解りやすい内容でした。参加者からは、「色々と聞けて勉強になりました。家族が認知症になっても焦らず接していきたいです。」などの感想が寄せられました。



2018年5月13日
老年薬学会に参加 パートT 2018年5月13日

 5/12〜13「第2回老年薬学会」に松山ハロー薬局の薬剤師が参加してきました。テーマが「薬剤師のソコヂカラ〜健康寿命のためにできること〜」です。
高齢者に深刻な問題として誤嚥があります。誤嚥は咽頭収縮筋収縮力低下により、誤って咽頭と気管に食べ物や唾液が入ってしまう状態です。重篤な場合は肺炎から死に到ることもあります。嚥下機能低下は咽頭収縮筋収縮力低下だけでなく、薬剤性のものもあります。
薬剤性の誤嚥とは「摂食嚥下の5期」に薬が影響を与えることで起きていると言われており、抗コリン作用・抗ヒスタミン作用・利尿剤・抗うつ薬等、日常よく使われている薬で誤嚥が起きている可能性が示唆されています。また、最近誤嚥や嚥下機能低下のある患者の為に開発されたOD錠 (口腔内崩壊錠) でさえも、唾液の分泌の少ない高齢者では溶け残りが咽頭部分に残留していることもあり、適切な剤形選択で終わらず、確実に飲めたのかというところまでが薬剤師の仕事であると感じました。

2018年5月13日
老年薬学会に参加 パートU 2018年5月13日

 昨今、複数の疾患を抱える高齢者が多くの薬を飲み、深刻な副作用が出るケースも後を絶たちません。長年同じ薬を同じ用量で服用していたとしても、高齢化に伴う生体の薬物代謝能力等が低下し、ある時点から過量投与となるに加え、ポリファーマシーになればさらに副作用のリスクが高まります。今後、薬剤師は今まで以上に服薬指導、副作用の確認、薬物動態、処方設計、緩和ケアなどさまざまな視点から介入していく必要があります。

2018年4月21日
県連薬剤師交流集会

 4月21日(土)、県連薬剤師交流集会が、生協病院 会議室にて開かれました。県連内で働く薬剤師、保険薬局事務、学生など18名の参加でした。
 学習講演は、「社会・環境が健康に影響する!ぜひ知ってほしい基礎知識」と題して、生協病院の水本潤希医師から学習講演をしていただきました。生協病院で取り組まれている患者・地域・職員を健康にする、HPHについての話もあり、参加者からは、「考え方が大きく変わった」などの感想が寄せられました。

2018年4月15日
認定実務実習指導薬剤師養成講座受講

 4月15日若水ハロー薬局の薬剤師が参加してきました。若水ハロー薬局は現在薬学生の実務実習を受け入れできていません。将来の後輩薬剤師を育て、将来の医療そして社会を支得る人材を創るために、今後は講習を受講し受け入れ準備をすすめていきたいと思っています。

2018年2月18日
愛媛民医連医療福祉活動交流集会に薬剤師2演題発表

 2月18日愛媛民医連医療福祉運動交流集会が行われました。愛媛民医連加入事業所から約200名参加で、愛媛保健企画から3演題報告しました。若水ハロー薬局「薬剤師による在宅訪問」松山ハロー薬局「薬の適正使用介入困難例」の2演題が薬剤師から報告されました。



2018年1月6日
若水ハロー薬局 健康サポート薬剤師研修修了薬剤師2名誕生!

 2018年1月、若水ハロー薬局から健康サポート薬剤師研修修了者の2名目が誕生しました。
今後若水ハロー薬局は、健康サポート薬局取得に向け準備をすすめていきたいと思っております。

2017年10月7日
愛媛国体ボランティア参加

 10月7日(土) 若水ハロー薬局の薬剤師2名が、新居浜市薬剤師会のアンチドーピング活動のアンケート調査ボランティアに参加しました。新居浜ではウエイトリフティング・セーリング・サッカー等の国体競技が行われており、その中でウエイトリフティングの会場で、出場選手やスタッフに対し服用または使用している薬がドーピング禁止物質に該当しないかなどアンケートを取り、説明をし、質問を受け付けました。今後のアンチドーピング活動に積極的にかかわっていきます。



2017年3月21日
高校生1日病院体験

 3月21日、愛媛生協病院・新居浜協立病院にて、高校生1日病院体験が開催されました。松山ハロー薬局、若水ハロー薬局も門前薬局として、高校生の職場体験のお手伝いをしました。将来薬剤師を目指す高校生へ、薬剤師の仕事を体験してもらい、より一層、薬剤師になりたいという思いを抱いてくれたでしょうか?
将来一緒に働く仲間も出てくるかもしれません(^^)



2017年3月18日
愛媛民医連薬剤師交流集会

 3月18日に愛媛民医連薬剤師交流集会を開催しました。今回は「地域包括ケアと薬剤師」というテーマで、広島民医連のドレミ薬局可部店管理薬剤師の清原一樹薬剤師に講演していただきました。愛媛民医連の事業所で働く薬剤師・薬局事務・奨学生の計20名が集まり、地域包括ケアの中で薬剤師が果たす役割についてなど話し合いました。


▲PAGE TOP